10代のニキビケアコスメ

10代のニキビ向けの基礎化粧品を選んでいますか?

ニキビには大人ニキビと10代特有の思春期ニキビという2つの種類があるのはご存知かと思います。10代の思春期ニキビは成長期における男性ホルモンの増加にともなって皮脂が過剰に分泌されるのが原因です。

そのため皮脂線の多いおでこから鼻にかけてのTゾーンにニキビがたくさんできるという特徴があり、ニキビを潰さないように気をつけてさえいれば思春期の終わりとともに勝手に収まっていきます。

ただ、そうはいっても顔にブツブツと目立つニキビがあるのは、醜く汚くもみえるので、少しでもニキビの増加を抑えて、減らしていきたいところ。

原因が複雑な大人ニキビに比べて、10代のニキビは10代特有の皮脂の過剰分泌が原因であることは間違いないので、敵がわかっている分、対策も簡単です。あせらず、注意点を守って毎日スキンケアしてくれればニキビを予防できますし、できてしまったニキビも退治できます。

10代に人気のニキビケアコスメランキング

10代のニキビケアは何はともあれ皮脂対策です。皮脂対策というと真っ先に思い浮かぶのが「洗顔」だと思います。実際にニキビができはじめてからはじめて洗顔料を使って 顔を洗い始めたという人も多いと思います。これは男性、女性ともに共通することではないかと思います。

で、この洗顔ですが余分な皮脂を取り除いてくれはしますが、10代のニキビに悩む肌にとっては物足りないものですぐにまたベタつきを感じると思います。ただ、ここで何度も何度も ベタつきがなくなるまで洗顔したり、ニキビが気になるあまり何十回と洗顔してしまうと、必要な皮脂まで奪ってしまうので、肌はむしろ皮脂を補おうとどんどん皮脂を分泌するようになります。

これは洗顔だけでなく、油取り紙で皮脂を頻繁に取る場合も同じで、皮脂を取ればとるほど余計に皮脂の分泌を促している結果になります。そのため洗顔はベタつきが気になっても1日2回までを守るようにしてください。

それから生活習慣の改善については思春期ニキビの場合は思ったほど効果があるものではありません。もちろん、規則正しい生活を送り、食べ物にも気をつけたほうがいいに越したことはないのですが10代の思春期ニキビはあくまで 成長期特有の男性ホルモンの増加ですからこれは生活習慣をどうしたところで変えることはできません。だから生活習慣の改善も思ったほどはニキビに効果はないはずです。

ということで、では何をするのが一番効果があるのか?皮脂の分泌を抑制できるのか?というとビタミンC配合コスメを使うことです。ビタミンCには皮脂の分泌を抑制する効果があるので過剰に分泌されている皮脂を何割かは抑えられるはずです。

ただ、1つ皮脂の分泌を抑制して10代の思春期ニキビの発生を防いでくれるビタミンC配合コスメには問題があって、それは値段が高いということです。ビタミンC誘導体入りの化粧水にしろ、ビタミンCを高濃度配合した美容液にしろ、10代の中高生のお小遣いで買える値段のものはないと思います。

代表的なビタミンC配合コスメを紹介しておくと「オバジC」があります。ドラッグストアで購入できる唯一まともなビタミンC配合コスメはこの「オバジC」ぐらいです。他は濃度を低く、あまり効果がありません。

10代に人気のニキビケアコスメランキング

ということで10代で買える範囲でなかなか優れた効果をみせてくれるコスメを紹介しておきます。

1位 オードムーゲ 薬用ローション 1,018円
2位 エテュセ 薬用アクネ アクアシューターEX モイスチャーアップ  2,310円
3位 プロアクティブ リバイタライジング トナー  3,200円
4位 piu(ピゥ) アクネローション  2,100円
5位 DHC 薬用アクネコントロールローション 1,370円

もっと低価格のニキビケアコスメはないの?という方には

1位 ナチュリエ スキンコンディショナー(ハトムギ化粧水) 685円
2位 スキンライフ 薬用化粧水  682円
3位 肌研(ハダラボ) 薬用スキンコンディショナー 1,365円
4位 菊正宗 日本酒の化粧水 777円
5位 ザ・ダイソー 酒しずく 105円

このあたりが無難なところではないでしょうか。正直いってプチプラの1000円以下の化粧水はほとんど気休め程度の効果しかないと思っていたほうがいいと思います。使わなくてもあまり変わりないかもしれません。その点値段の割にハイパフォーマンスなのが「オードムーゲ 薬用ローション 160ml/1,018円」です。

薬局においてあるのでニキビに悩んでいる方は使ってみることをおすすめします。

できてしまったニキビを早く治すなら薬を使ったほうがいいです。詳しくはコチラで解説しています。→ニキビ薬(塗り薬と飲み薬)